淑与野Channels

自分の学ぶ姿勢を見せることで、子供を成長させられる教師になりたい! K.W.さん 立教大学文学部へ進学

なぜ淑与野へ?

母が同じ学校法人の短大出身で勧められたのがきっかけです。小学生のころはそれほど体力がある方ではなかったので、家から近く、通学時間が短くてすむということもポイントでした。学校見学に来て、一番魅力に感じたのは校舎がキレイだったこと。1学年3クラスでこぢんまりとした雰囲気が自分にあっているなと思いました。入学式で驚いたのはみんなが「仏教歌」を歌っていたことです。当時、仏教のことは何も知らなかったのですが、この6年間でその印象は一変しました。「おかげさまの精神」や「ものの見方を変える」など、中学・高校の6年間に学んだ仏教の教えに基づく言葉の数々は、私の行動の指針として、 そのお話をしてくださった先生の笑顔と共に心に深く刻まれています。

中高6年間の思い出は?

高1のときに、インターナショナルコースで3カ月間アメリカで暮らしたこと。日本での「当たり前」が通じない世界に行って視野が広がり、積極的に物事に取り組むようになりました。英語が得意なわけでもないのに、「アメリカってかっこいいな」「3カ月も住んだらすごいな」と軽い気持ちでした。現地に行っても、携帯と辞書を片手にホストファミリーに単語で話しかけるような感じで、最初の1週間ぐらいは、ホストファミリーも高校の生徒や先生も「お客さん扱い」で優しくしてくれるので、ただただ楽しかったのです。でも、2週間、3週間と経つと、学校の中で私は居て当たり前の存在。英語が通じない、ただの日本人です。授業でやっていることがわからない、宿題が出たのか出てないのかもわからない。ホームステイ先でも、何をしていいのかわからない。自分から話しかけたり、動いたりしなければ、周りは何もしてくれません。それを何とかしようと頑張って、ようやく英語が耳から聞こえてくるようになったのは3カ月目に入ったころ。「せっかく仲良くなれたのに」と帰国するのがとても残念でした。この3カ月の経験から、もっと英語を学びたいという気持ちや、自分から行動する積極性の大切さなど、多くのことを学びました。

将来の夢は?

小学校教員を目指しています。小さいころから教員を目指していて、小学校の卒業文集にも「小学校の先生になる」と書いています。 もともと趣味も特技もなくて、私に何ができるだろうと考えたときに、「人としゃべることが好き」「人とつながるのが得意」ということに気付き、そのコミュニケーション力を生かせる仕事として、教師は最適だと考えました。

淑与野のいいところ

  • 海外に親しむことができる
  • 少人数で、先生との距離が近い
  • 校舎がキレイすぎる!
  • 女子校なので「気が楽」

K.W.さん

2017年3月卒業。戸田市出身。中学では英語部、高校では軽音楽部に所属。インターナショナルコースで高校1年のときに3カ月間アメリカで暮らす。
立教大学 文学部。

卒業生Channel卒業生ch 高等学校