淑与野Channels

病気で苦しむ人を助けられる医師になりたい! K.M.さん 埼玉医科大学医学部へ進学

なぜ淑与野へ?

医師をめざしていたので、高校受験に際しても医学部に合格するための勉強ができるかどうかを第一に考えました。淑徳与野にしたのは勉強熱心な生徒が集まってくるため、自分もその環境の中で頑張れるだろうということと、第一志望にしていた大学への指定校推薦枠があることが決め手でした。

高校3年間の思い出は?

アメリカ修学旅行でホームステイをしたこと。英語が通じた時の感動は忘れられません。アメリカの生活習慣や家族の大切さを実感。短い時間でしたがコミュニケーションがとれれば、人と人との絆は生まれるのだということに感動もしました。

将来の夢は?

医師である父の影響もあり、小さい頃から医師という職業に憧れていました。医学部への進学は夢を叶えるための第一歩。まだ、診療科を何にするのかなど具体的な目標は決めていませんが、一人でも多くの病気で苦しんでいる方、病気の不安を感じている方たちを救ってあげられる医師になり、人と社会に貢献したいと思っています。
そのためには大学生活をより実り多いものにしなければなりません。大学では、医学に関する勉強を仲間たちと力を合わせながら頑張ることはもちろんですが、部活やアルバイト、ボランティア活動、あるいは短期留学などにも積極的に参加して、いろいろな価値観を持った人たちと話をして、自分自身の人間性や視野を広げていくことも大切だと考えています。

淑与野のいいところ

  • 校舎が新しくてとても快適
  • 皆が勉強熱心で集中して勉強できる
  • 仏教行事を通して貴重な体験ができる
  • 先生が面白くて面倒見がよい

K.M.さん

2016年3月 S類卒業。熊谷市出身。趣味は音楽。華道部に所属。文化祭実行委員も務める。
埼玉医科大学 医学部。

卒業生Channel卒業生ch 中学校