淑与野Channels

法律の知識と語学力を生かし国際社会で活躍できる人間になりたい M.S.さん 上智大学法学部へ進学

なぜ淑与野へ?

公立高校の併願校として考えていたのですが、学校説明会でアメリカ修学旅行のビデオを見て、楽しそうな様子に惹かれました。高校生でアメリカへ行って、ホームステイができるなんて考えてもいなかったことでしたので、「行って見たい!」という気持ちが強くなり、その時点で単願にしようかとても迷いました。最終的には併願受験で、結果的に淑徳与野に決まったのですが、自分の中では「私にぴったりの学校」と思って入学しました。

高校3年間の思い出は?

2回の海外体験です。高1の春に参加したイギリスでの語学研修と 高2の秋のアメリカ修学旅行です。イギリスは生まれてはじめての海外だったので戸惑うことばかり。話しかけられる言葉も街の看板もわからないことばかりで不安でいっぱいでしたが、ホストファミリーが優しく接してくれて、一気に緊張がとけました。また、イギリス人はすごく助け合いの精神を大事にしていると感じました。些細なことですが、知らない人のためにドアを開けてあげたりして、日本人はシャイなのでなかなかできないので、そういうところは学ぶべきだと思いました。イギリス人の方が穏やかな印象だったのに比べて、アメリカの人たちはとても元気で活発な感じ。そう感じたのは、ホームステイ先に9歳と10歳の子どもが居て、一緒に海へ行ったり折り紙を教えて遊んだりと、すごくコミュニケーションできたからかもしれません。

将来の夢は?

大学は、国際系と法律系を考えていて、両方受験しました。イギリスとアメリカでの体験がきっかけで、国際交流に興味を持つようになったのですが、一方で、高1の職業研究のときに検察官の仕事について調べ、法曹系の職業を考えるようになりました。どっちに行くか迷っていた時に上智大学の法学部の中に国際関係法学科というのを見つけたのです。普通の法学部と何が違うのか調べてみたら、日本の法律だけではなく、日本と海外のビジネスや政治などに関わる世界規模の法律を学べると知り、自分にぴったりだなと思って受験しました。上智大学は留学生も多く、グローバル化が進んでいるので、その環境を生かして学び、国際社会で活躍できるようにがんばりたいと思います。

淑与野のいいところ

  • 校舎がきれい
  • 女子校なので、のびのび過ごせる
  • 修学旅行でホームステイができる(アメリカ)
  • 進路指導のサポートが手厚い

M.S.さん

2017年3月 選抜B卒。さいたま市出身。陸上部で長距離ランナーとして活躍。趣味で空手もやっているスポーツウーマン
上智大学 法学部。

卒業生Channel卒業生ch 中学校