現役合格

4年制大学進学の希望を現役で実現します。

現役での4年制大学進学率は常に90%を超えています。進路希望に合わせて学べるカリキュラムや、放課後・夏休み等を利用した進学講座も充実しており、塾や予備校に通わなくても現役での合格を実現します。

 

 

類型制について詳しくは……

類型性

大学入試が変わります

2018年4月に高校へ入学するみなさんは、新しい入試制度のもとで大学受験をすることになります。まず、高校2年・3年生のときに「高校生のための学びの基礎診断(仮称)」を受験します。さらに、高校3年の1月に、現在の「センター試験」に代わる「大学入学共通テスト(仮称)」を受験することになります。試験内容は、これまでの「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」を問う試験になります。これに伴い、AO入試、推薦入試の選抜方法も大きく変わっていく可能性があります。

新しい入試スケジュール

学年 時期 AO入試 推薦入試
指定校・公募
一般入試
現状 新制度 現状 新制度 現状 新制度
2018年度
1年生
             
2019年度
2年生
  高校生のための学びの基礎診断(仮称)
2020年度
3年生
4~7月 高校生のための学びの基礎診断(仮称)
8月 出願          
9月   出願        
10月 発表          
11月   発表 出願→発表 出願    
12月     発表 発表    
1月 大学入学共通テスト(仮称)
2月         試験 試験
3月         発表 発表

2018年度より新設 MSコース[S類(1クラス)]

2020年新方式の大学入試に特化。
自分の得意な活動に意欲的に取り組んで個性を伸ばします。

新しい学力評価に対応するコース。S類として「指定校推薦入試」「自己推薦入試」「AO入試」を利用して、3教科型の私立大学への入学を目指すクラスです。

3年間の学び

本コースでは自分の得意分野を活かすことも目標のひとつにしていきます。学習はもちろんですが、高校での部活に力を入れたい、外部団体で活動して自分を磨き、その技量で大学進学を目指したい人たちも、ぜひこのコースを目指してください。

学年 学び 主要教科 MSの時間
1年 1年次から「情報」を2時間履修、全員がタブレット端末を持ち、プレゼンテーション能力など情報発信能力を学びます。 国語 5
地歴 4
数学 4
理科 6
英語 6
情報 2
 
2年 2年次、3年次には“MSの時間”を授業として入れ、小論文などの指導を行い、思考力、判断力をつけていきます。また、“MSの時間”では、今後発表される大学入試方法の改革に合わせて授業内容をフレキシブルに変更していく予定もあります。 国語 6
地歴 ⑤
公民 2
数学 3
英語 8
MSの時間 2
3年 国語 9
地歴 ⑥
英語 6
MSの時間 4

○数字は選択

アクティブラーニング&キャリア教育

「考える」「動く」「関わる」。能動的な学びによって創造力、思考力を高めると同時に、友達と協働して学ぶ力を身につけ、将来に向けて明確な目標を持って大学進学を目指します。

1年 女性・仕事からの視点
職業研究
進路希望別にクラス編成された「類型制」を理解し、適応をはかると同時に、高校での学習方法や姿勢について理解しましょう。その上で、他者との関わりの中で自分を見つめ、自分の個性や適性に対する理解を深め、「自分らしい自分」「なりたい自分」を見つけていきましょう。自分の興味・関心・適性と結びつく職業を研究し、将来の進路への意識を高める時期です。
2年 社会・世界からの視点
学部学科研究
職業研究で得た問題意識を、社会や世界とのつながりを学ぶことでより一層深めましょう。修学旅行や各種講座の機会を利用して自己啓発に努め、志望学部・学科を広く研究しましょう。オープンキャンパスにも積極的に参加して志望大学・学部・学科などの具体的目標を見極めると同時に、センター試験など大学受験全体のシステムを理解し、自分の受験科目を決定します。
3年 仲間とともに高く掲げた目標を目指す
入試準備・受験
受験に備え、自己の学力を冷静に分析し、自分なりの確固とした学習計画を立てましょう。
①受験科目の最終決定
②模試の積極的活用
③志望校の決定
④推薦入試の希望校の確定
⑤面接・小論文・実技の練習
⑥過去の入試問題と問題傾向の研究
⑦入試日程表の作成
⑧出願書類の作成・調査書の依頼
⑨進学先の決定
アクティブラーニング
各教科においてICTを利用した反転授業やアクティブラーニングを取り入れて、自ら「考え」、「動き」、人と「関わる」習慣を身につけていきます。
インパクト体験棚卸し(1年)
自分自身の行動や考え方に強く影響を与えたと思われる出来事(インパクト体験)を振り返り、その経験から応援したい人や実現したい社会を考え、将来の自分の姿を考えます。
グループワークによって同じ学年の仲間たちときずなを深め、さらに学年を越えた信頼感を築き上げることができれば、淑徳与野全体が1つのチームとなります。
職業研究(1年)
医療系、教育系、ビジネス系など、それぞれが目指す分野の職業研究を発表し合うことで、職業への理解を深めます。
研究小論文(1年~2年)
自分で決めたテーマについて4,000字程度の論文を書き上げます。ここでの学びが大学の志望理由になったり、受験時の小論文、面接にも役立ちます。
アメリカ修学旅行(2年)
ホームステイを体験し、現地高校生との交歓会を行うアメリカ修学旅行は、国際的な視野を広げるだけでなく、生徒たちの進路選択に大きな影響を与えています。
ディベート(3年)
総合学習の時間を使って、クラス対抗のディベートを実施しています。与えられた課題について討論することで、論理的思考力とコミュニケーション力を磨きます。
進学講座
通常の授業以外に、平日の放課後、土曜日、各学年の夏季、冬季、3年生の受験直前期などに、400を超える進学講座を開講しています。
学習サポート・個別指導
職員室前に広い相談コーナーがあり、昼休みや放課後などに、教員が相談に応じています。担任、教科担当だけでなく、誰にでも気軽に相談できる雰囲気です。